創業当時から作り続ける伝承の麩

創業以来作り続けている「すだれ麩」は、金沢ならではの麩。
その形状と食感は他では見られないもので、古くから加賀の特産品として親しまれてきました。
生地を「すだれ」に包んでゆでることからその名前ついたといわれています。

生地に米粉を合せることから、その食感は他にはない独特なものです。だしを良く吸うので、金沢ではすきやきや煮物などによく使われています。

また、すだれ麩は加賀料理「治部(じぶ)煮」には欠かせない食材です。

治部(じぶ)煮、すき焼き

すきやき、炊き合せ、炊き込みご飯、ちらしずしなど様々なお料理にお使いいただけます。

詳しくは
オンラインショップへ

お召し上がり方/使い方

すきやき、炊き合せ、炊き込みご飯、ちらしずし など

  • すだれ麩
    袋から取り出し、手のひらで軽く押しながら水気をよく絞ります。お好みの大きさに切り分けてお使いください。
  • 干すだれ麩
    お湯に浸し40分程度で柔らかくもどります。(水なら60分程度)。柔らかくなったら、手のひらで軽く押しながら水気をよく絞ります。お好みの大きさに切り分けてお使いください。

詳しくは
オンラインショップへ

他の商品を見る

商品一覧に戻る